車種によって値段は違う

新しいが中古車扱い

新しい安い車が欲しい場合、新車をそのまま買うのは勿論一番良いですが高いです。
ここでは状態は新車だが扱いは中古車になる車についてご説明します。
新車を購入するとき通常は工場から購入者へと渡るものなので当然購入者名義で全ての手続きがされますが、諸事情からディーラーが自分名義で買う事があるのです。

これは新車と比べると若干のマイナス要素があるため、新車扱いができません。
以前はこういった車を「新古車」という名称で販売していましたが現在では「未使用車」という呼び方に統一され法律的にも一般的にも使われなくなりました。
実際価格にどのくらい差があるかと言うと一概にはいえませんが40万50万の差がでる場合もあれば
そんなに差がない場合もあります。

未使用車が存在する理由

かつて新古車と呼ばれ現在未使用車と呼ばれるものは何故存在するかと言えば簡単にはノルマ達成の
ためと言ったら分かりやすいかもしれません。
販売店では一定の車台数をさばけば奨励金が貰えたりします。
達成のため自社で購入しても採算が合うという事ですね。
そのため自社名義で購入し販売台数ノルマ達成目的で購入するという事です。
あれこれ選べないデメリットはありますがあまり拘らないということであれば価格的にはお得。

つまり車種は希望であっても色が希望でないこともありますね。
また登録済の状態になるので、売れない期間が長いと車検期間が短くなります。
早めに良い未使用車が見つかればかなり安く購入できるという事になります。
但し、この場合の安くはあくまでも新車に比べてという意味になります。


この記事をシェアする