支払方法も工夫ができる

知っておきたいローンの組み方

購入後のローンの組み方にもお得な方法があります。
残価設定が可能かどうかを確認してみるとよいでしょう。
残価設定は支払額の一定金額を3年後や5年後に据え置きするローン形態です。
買い替えが前提にある場合は非常にお得な支払計画です。
ただし場合によっては借財が多くなるなど幾つかの問題発生の要因でもあるので、きちんとした支払い計画があり実行できる人に限ります。
残価設定ローンは人気車種で、決算するときも高価格で売れる車種に限られること、また丁寧に乗っていかないと、事故やそれによって発生する傷などの損傷は精算時の価格に大きく影響することを知っておくことが大切です。
新車ばかりでなく中古車でもメーカー指定の車で暫定ローンができるものもあります。
購入しやすいとは言え、求めている車全てに可能と言う仕組みではないようなので通常より場合によっては支払がし易いかもしれないくらいに理解した方がいいかもしれませんね。

購入時期を選ぶ

中古車業者も殆どがネットでホームページなどで会社の情報を開示していると思います。
その会社の決済時期を確認するのも大切です。
決算時にはどの会社も抱えている車は少しでも早く売り捌きたいものです。
ですのでその前に価格をかなり下げる可能性があります。
その時期を見計らって購入するのも方法です。
会社情報を調べなくても殆ど3月か9月ころとも言えます。
交渉はその前に始めるようにしましょう。
また来客が少ない8月や12月ころも営業成績が伸びない傾向にあるのでこのころは値引き交渉ができるかもしれません。
通常は10パーセントほどの値引きがマックスとも言われています。
またローンを組む場合は当然ながら金利の安いものを選択しましょう。
高い買い物なので結果的に支払金額は大きく違いが出ます。
安く買うとはこういう全ての要素をクリアすることですね。


この記事をシェアする